株式会社ドゥーイットは本部映利香代表の6次産業化・農商工連携に特化した支援会社です。

ドゥーイットは6次産業化・農商工連携を支援する起業家を応援する鹿児島拠点の会社。

6次産業化・農商工連携に特化した支援会社「株式会社ドゥーイット」

第二弾:「ハーベスト」で紹介された先駆者たち

福島県農業会議が毎年発行している2014年度で平成27年に発行された「ハーベスト」。 ハーベストにはいろんな想いが詰まっている。「6次産業化で自分たちのやってきたことを広めたい」「自分たちがやってきた岐路を紹介したい」「出来たものがこんなに嬉しい」「消費者にたくさんの健康を届けたい」「いいものとはこれのことだ!!」「丹精こめてつくった品々を世界に」など。

いろんな人たちの想いがカタチになるのが6次産業化、農商工連携なのではないかな。と感じます。そこで今回は有限会社フローライシダの石田晴彦社長が紹介されている記事をご覧ください。有限会社フローライシダの代表である石田社長とは震災後の平成23年に初めて出会いました。最初のご相談は「会津薬師米」だったように感じます。 最初の印象はとにかく明るい素敵な「笑顔」でした。会津坂下町という福島県の中央からやや西側に位置する会津盆地と農産物が豊富で雪の豪雪地帯でもあります。その会津坂下町で農業を長年勤めていらっしゃいます。アメリカ研修など若いときからいろんな経験を行い、グローバル感覚と純粋かつ無心のひたむきさにはいつもこちがら元気をもらっています。 しかしながら石田社長も幼少期は病弱だったのだとか。 今は想像がつきません。健康ではなく病弱だったからこそ挑戦しはじめたその土作り。そしてそこからはじまった農業がここに生まれています。 ハーベスト3037

「ミネラル畑」

このネーミングは私が地域福島の6次産業イノベーター(イノベーターは他県でいう、6次産業化プランナーと同一)として関わってきた4年間の相談時間の中で誕生しました。石田さんは当初、お花を作っていましたが徐々に野菜なども作り出し、土作りの研究を開始しました。これが40歳のとき。その40歳からはじめた土作りに一般的な畑に入っている以上のミネラル分が多数入っていることから健康を目指した「ミネラル土で作った農産物を通じて健康にしたい」という想いから「ミネラル畑」というブランドを立ち上げました。

ハーベスト4038

  6次産業化のイノベーター(ここでは福島県の活動なので統一させていただきます。)としての仕事は相談者に対して私の場合はまずはよく話を聞くこと。ここからスタート。1回あたり3~4時間は有に時間を要します。それだけ今までの経験などを話をするわけですから立ち話で済むわけがありません。その中から相手の話の中で何が「強み」「PRするべきポイント」を引き出します。そこから私は様々な提案を行っていくのです。 私の場合、一番は売るということを前提に考えています。

「売る」。

つまりは売上のたてないものは企画も出来ませんし、私の苦手とする「単純に消費者に喜ばれない商材を作る」ということは出来ません。しかし自身の経験から自信もって言えることは「消費者をコアに考え、その求める人のための商品を作り、商品の価値と対等の価値を生産者が得る」ということを前提に仕事をしています。だからちょっとそのあたりの真剣さは半端ないのでついてこれるかたも多くはありません。真剣さをきちんともっているまじめであり、純粋に行動する方々にしか一緒に働けないというのが本音かもしれません。そんな方々と一緒になって商品をつくり、ブランディングを一緒に考え、販売しお口に入る。そして良かったと思える安全、安心感と共に届けることが使命です。ハーベストの中で記載をされている石田社長もその中のおひとりです。小さなことも相談をお互いにし、尊重しあう関係。これが私たちと生産者の絆ではないでしょうか。

2015-08-28

Menu

6次産業化

LifeMake

6次産業化

起業女子部の支援者たち

起業女子部とは

■ DoitInc(株式会社ドゥーイット) 鹿児島本社
〒899-5432 鹿児島県姶良市宮島町14-9

0995-67-0260 

*電話連絡は鹿児島本社一括にて対応致します。

[東京オフィス]
〒171-0014  東京都豊島区池袋2-14-2 池袋2丁目ビル2F

[郡山オフィス]
〒963-8875  福島県郡山市町東1

[会津分所]
〒969-6515  福島県河沼郡会津坂下町福原前4129-1-2F

Copyright 6次産業化・農商工連携に特化した支援会社「株式会社ドゥーイット」All Rights Reserved.