株式会社ドゥーイットは本部映利香代表の6次産業化・農商工連携に特化した支援会社です。

ドゥーイットは6次産業化・農商工連携を支援する起業家を応援する鹿児島拠点の会社。

6次産業化・農商工連携に特化した支援会社「株式会社ドゥーイット」

大丈夫か?息子よ(相談事例から)

=親子関係の難しさ=

親族だからこそ安心とかお互いをわかっているというのは事実かと思いますが、経営や利害関係にそれが入り込むとちょっと面倒なこともありうるということが想定できます。私の仕事の中で経営相談を受けていると、親が社長で子供がその役員というカタチは多いように感じます。20070212%20074

親子だからこそお互いに心配でもあるし、あまりにも手をかけすぎると育たず子供たちが反発するという姿。
それを取り巻く従業員の人たちの居心地がよくないというのも現実かもしれません。

私も親子関係で会社の役員には入っていますが、親も私もそれぞれ会社を経営していますのでお互いの会社には口をはさみません。もちろんはさむどころか、手伝いもしません。(私の場合は。笑)

確かに理解するところもあるし、協力したい気持ちもあるのですがそれはそれ、従業員の視点から見る会社経営というのはとてもいびつで変な気を使うような光景が見えてくるからです。

 

=家族で協定を結ぶ=

私の場合は、お互いにお互いの会社を干渉することは控えました。し、関わらないことにしました。たとえお互いが必要という場面があっても。

ただ知っていることは伝えるようにしていますが、あまりにも重要だなと思えるところは控えています。そういう風にしているのが現状です。私もそれでいいと思っています。実はこのお互いにルールを作るという作業をしないがばかりに家族協定なしの家族経営は成り立たないと思っています。これはどの会社もそうですが、日本の大概の企業は中小零細企業です。その中で家族経営は意外にも多いものです。もちろんご夫婦でやっているなんてところもあるでしょう。

お互いを知り尽くしているからこそ、他人よりも決断力や結束力が強いのもわかりますが言いたい放題やぶつかり合いは他人より気を使いませんしそれが会社の雰囲気を壊す場合もあります。そんなときにお互いにワークエリアを考えてビジネスをするということも大事だと思います。

 

=親と息子の関係=

家族経営でよくありがちなのが、娘と親の経営が成り立つ場合。娘は親に対していろんなこと・・・。つまりプライベートから愚痴から言うことが多いような気がします。もちろん私の経験でも思うのです・・・。が、息子の場合。親に会社経営のことは言ってもたまに事業の現状さえも社長であるお父さんやお母さんに言わないことがあったり不思議と会話自体がないので本当に厄介。経営はそんなにあまくはありません。
お互いにどれだけの結束力でどこを見ているかなんてこともしっかりと思っているから事業は成立するのだと思います。とある息子さんと話をしたときにあまりにも会社経営に両親をないがしろにしている姿をみてこの会社は終わりだなと思った瞬間もあります。とても危険な状態だと思うのです。親子だからこそお互いに照れもあるのでしょうが、そこはお互いに信頼関係が大事だと思います。親子だからこそ言いにくいのかもしれませんし、性格のことも関わっているのかもしれません。image00214ただあまりにもひどい場合、方針が違うのでばらばらになる可能性も十二分にありえます。

先日お会いしました親子・・・。将来、倒産しなければいいなとついつい心配してしまう私がここにおります。

*本部映利香への執筆活動や講演活動等がございましたらこちらからお問い合わせください>>

2015-09-15

Menu

6次産業化

LifeMake

6次産業化

起業女子部の支援者たち

起業女子部とは

■ DoitInc(株式会社ドゥーイット) 鹿児島本社
〒899-5432 鹿児島県姶良市宮島町14-9

0995-67-0260 

*電話連絡は鹿児島本社一括にて対応致します。

[東京オフィス]
〒171-0014  東京都豊島区池袋2-14-2 池袋2丁目ビル2F

[郡山オフィス]
〒963-8875  福島県郡山市町東1

[会津分所]
〒969-6515  福島県河沼郡会津坂下町福原前4129-1-2F

Copyright 6次産業化・農商工連携に特化した支援会社「株式会社ドゥーイット」All Rights Reserved.